Peerth【píɚːθ】ピアースっていうのがなんなのか、ざっくりと説明しますよ!【その①】

BlogH3

Hi! ハローハロー!!
たーくんのブログやTwitterには、よくPeerth(ピアース)【píɚːθ】という単語が出てくるけど、いったいPeerthってなに?と疑問に思っている方はたくさんいるかと思います。
そんなわけで、今回はPeerthについて”ざっくり”(←ここ重要)と、”ゆるい感じ”(←ここも重要)に説明しますよ…と。

色々突っ込みどころ満載ですが、突っ込みどころについては後日固い目に説明する時があるかとおもいますので、どうぞよろしくお願いします。

さっそく説明するとPeerthはSNSです。TwitterやFacebookやmixiやLINEみたいなもんです。
タグっていわれる単語を入力してみんなを結びつけるサービスです。長い文でも良いけど、より短く、そしてより多くの人が使っていそうな言葉を選んだ方がつながりやすいので単語をお勧めします。
逆にみんなが使っていなさそうな言葉を使う事で仲間内だけでつながる事もできます。

ただ結びつけるだけ、それだけのサービスです。今はそれしかできないけれども、逆にそれだけシンプルだからこそ、結びつけるのに特化しているサービスなんです。

Peerthはおいらを中心とするチームによる開発で、2011年の2月18日にローンチしました。

続きを読む Peerth【píɚːθ】ピアースっていうのがなんなのか、ざっくりと説明しますよ!【その①】

Peerthを創った時に思い描いた”おいらのあたまのなか” シーズニーズの概念とそれを使ったサービスの構想

BlogH3Hi! ハローハロー!!
Peerth のシーズニーズ論は突飛由も無い単なる思いつきである。
と、言ってしまうと元も子もなくなってしまうので、あまりいいたくはないのだけど、事実そうだから仕方が無いんですね。
そうとは言ってもやっぱり、みんなにPeerthの事を知って欲しいから、その話をする。

 

ノートに書かれた落書きのメモから始まって、仮説を立てて、創ってみて、Peerth が完成し、その構造を見つめ続けていくうちに、あらゆるものはシーズとニーズという概念に分ける事ができるという確信を得る。

そして、その確信が世の中のあらゆる法則を則っているだけの単純な仕組みである事に、気付いて落胆するのだけど、その思想に則ったサービスが未だかつて存在しない事を知って、自分はとても凄い事をしようとしている!と、誇大妄想に取り憑かれているだけなのだけど、そう思ってしまうんだから仕方ない。

おかしな事を言っているのは自覚している、と言う事で自分は”まとも”と思い込もうとしているのかも知れないけれども、”まとも”な人間は思い込みだけで多くの人を巻き込んだりはしません。

てなわけで、おいらをここまで突き動かしたPeerthの思想を軽くまとめてみますよ…と。

続きを読む Peerthを創った時に思い描いた”おいらのあたまのなか” シーズニーズの概念とそれを使ったサービスの構想

心のバイブルについて、話しますよ…と。

criticism-1Hi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

おいらには”言論の友”というのがいまして、これまた勝手に相手の了承も得ずにそう呼んでいるだけなのですが、好きな事を語り合い、お互いの思いの丈をぶつけあえる仲であるその友を、おいらが一方的に呼んでいるんですね。

まぁ所謂”おしゃべりともだち”なんですが、その友達が、心のバイブルと言わないまでも、常に持ち歩き、何度も読み返している本があるというので見せて頂いたんですね。

それが結構年季が入ったものでして、そんなに古い訳ではないのですが表紙がぼろぼろになるまで読んでいて、僕が作者だったらこんなになるまで何度も読み返された事を思うと嬉しくおもうだろうなぁといった感じだったんですよ。

IMG_6977IMG_6976IMG_6975

続きを読む 心のバイブルについて、話しますよ…と。