結ぼれ る思考。心のバイブル

criticism-2Hi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

前回からの続き『心のバイブルについて、話しますよ…と。』

おいらは自分の罠にはまる事がありまして、思考が内向的と言いますか、考えが内へ内へと向かっていって外に出れなくなってしまうんですね。外に出れないというのは、自分の気持ちを外に出せなくなってしまうという意味なんですが、結構これが難しい。

今となっては”相手の思う自分の気持ちと、自分の思う自分の気持ち。相手の思う相手の気持ちと、自分の思う相手の気持ち”の差異が一致しないものだと、わりかし納得できるようになってきましたが、たまにこの差異が”存在しない勘違い”に見舞われて被害妄想となってしまう事も多々あります。

こういった現象をおいらは結ぼれるとよんでいますが、罠にはまると恐ろしいものでして、蟻地獄のように陥ると出て来れない状態になります。

そういった状況になっているというのは、自分では自覚しているものでして、外には出さないようにした結果が結ぼれでして、黙り込んでいたらもうアウト、救いようの無い状態にまで達しているなと、察して頂けるとありがたいです。
但し、この状態に陥ると察して頂いたとしても思考が結ぼれているので、どうにもならないとご理解ください。

しかしまぁ、それはもう今は昔、ある”本”との出会いが僕の思考を外向きにさせてくれたおかげで、”結ぼれ”から救われたのでした。

 

重たい話ではありません。中二病を拗らせた愚か者(笑)の話です。

続きを読む 結ぼれ る思考。心のバイブル