映画観

【映画観】ヴィンセントが教えてくれたこと


movie-6-1

 

作品データ
■ タイトル    ヴィンセントが教えてくれたこと
■ 劇場公開日   2015年9月4日(日本)
■ 製作年     2014年
■ 製作国     アメリカ
■ 配給      キノフィルムズ
■ 上映時間    102分

 

 

ストーリー
アルコールとギャンブルをこよなく愛するチョイ悪オヤジのヴィンセント(ビル・マーレイ)は、街で評判の気難し屋。うっかり近づけば、毒舌の集中砲火を浴びることになる。唯一、心を許しているのは、飼い猫のフィリックスだけ。そんなある日、お隣にシングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)と12歳の息子オリバー(ジェイデン・リーベラー)が引っ越してくる。仕事で遅くなるマギーから頼まれ、ヴィンセントは渋々、オリバーのシッターを引き受けることに。オリバーの年齢を気にも留めず、行きつけのバーや競馬場を連れ歩き、バーでの注文の仕方やオッズの計算方法、いじめっ子の鼻のへし折り方など、ロクでもないことばかり教え込んでゆく。いい歳をして物わかりのいい大人になれないヴィンセントと、両親の離婚で早く大人になってしまったオリバー。最初はお互い最悪の相手だと思っていたものの、嫌われ者としての顔の裏に、ヴィンセントの優しさや心の傷を感じ取ったオリバーは、彼の想いを何とか周囲に伝えようとするが……。

解説
人生に空しさを感じている気難し屋のちょい悪オヤジが、12歳の少年との出会いを機に生きる力を取り戻していく様を描く、ビル・マーレイ主演のヒューマンドラマ。マーレイが第72回ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞候補になったほか、少年役の新鋭ジェイデン・リーベラーは本作の演技で数々の子役賞に輝いた。

スタッフ
■ 監督  セオドア・メルフィ
■ 脚本  セオドア・メルフィ
■ 製作総指揮  G・マック・ブラウン、ドン・チードル、ディラン・セラーズ

キャスト
■ ビル・マーレイ
■ メリッサ・マッカーシー
■ ナオミ・ワッツ
■ ジェイデン・リーベラー

 


 

 

 


 

いい映画だね。
映画館でほっこりできるのも悪くない。

結論から言うと、やっぱり人には幸せになってほしいなって願える事が嬉しいし、それで良かったと思える作品。
ネタバレ になっちゃうけど、ヴィンセントは悲しい人だし、不幸な人なんよ。
不幸なのは、中途半端に育ちがいいから、おいらはそう感じた。
生まれから貧しかったけれども、それでも育ちは悪くなかったんだと思ったのよ。
だから聖人たりえたのだと思う。

劣悪な環境で生き抜くには、目的を果たすためには、金に無心であるべきだと思うのよ。 嫌々でも善業なんて行うべきではないはずだよ。
寧ろ、逆にいい金ズルが出来たはずだし、どうとでも利用できたはずなんよ。 でもそうはしなかった。
だからこそ、彼を苦しめたのは育ちの良さなんよね。
彼の行動にはどこか、『だって あなた私のことすきでしょ?』という気持ちが見え隠れする。
生き抜く為には、目的を果たす為なら、この気持ちは邪魔だと思うのよ。
そんなものない方がいい。 中途半端にあるから彼を苦しめる。
善人にもなれず、悪人にもなれず、彼を惑わす。 ない方がいいに決まってるんよ。自分の身を守る為には火の子は振り払った方がいい。
仕事で迷惑がかかるなら、関わらない方がいい。 人助けして自分がしんどい思いをするならば、そんなのはほったらかしにした方が身の為   でも彼は救われたのよ。

最後は彼も彼の周りの人もみんな救われるのよ。 それは彼が純粋に素直だったから。 『だって あなた私のことすきでしょ?』って気持ちが人に伝わったから。
だから、みんな幸せになれたし、未来や可能性や世界が広がったんよ。

おいらはこの映画のそういうところが好き。
みんな誰かに幸せになって貰いたいやん。やっぱり困っていたら助けたいやん。 辛そうやったら声かけたほうがいいかな?って思うやん。
誰かの幸せを願う気持ちが、自身がその気持ちに無自覚であっても叶うというのは、それだけでも見ている観客は救われる。
最後は救われるのよ。みんな。
思いが通じる物語の素晴らしいところだね。

みんなが聖人である必要はないけれども、人の幸せを願う人には幸せになって貰いたいもんね。
そういう気持ちが自分の中にあるという事がとても嬉しい。

バイチュ〜♪ (。^3^)ノシ⌒★

つ づ く


投稿者:

田島 貴将

なんってたーくん! なんてったってPeerth(ピアース)の”いちばんめだつひと”  タグを共有するSNSを作ってるよ ⇒Peerth.com Peerthは、シーズ『できる事』とニーズ『もとめている事』を結びつけるwebサービス! 詳細はブログ読んでね! ⇒blog.peerth.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です