空飛ぶ夢想家の心のバイブル

soratobuHi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

前回からの続き『結ぼれる思考 心のバイブル』 

思い込みって結構大事で、”思い込んでしまった状態”っていうのは、自己催眠や洗脳に近い状態なんじゃないかな?と最近納得できる様になってきました。

この場合、思い込もうと”する”のは大きな間違いで、思い込もうとしてしまっているということは、まだ、思い込んでいない状態なんだけれども、切羽詰まっている状態っていうのは、なかなか思い通りにいかない訳で、結局思い込もうとしてしまっているよねーという、当たり前の話。

例えば、明日締め切りが迫っている案件があるとしましょう。
心の中では、ヤバい!もう間に合わないと思っているのですが、そうはいかん訳でして、なんとかできる!できるんだ!と思い込もうとします。
しかし残念な事に、なんとかできるんだ!と思いこもうとしている状態が、無意識のうちにできないから思い込もうとしているんだというのが、浮かんでしまったらもうできない訳でして。どうにか自然とできると思い込む状態というのを浮かび上がらせなければいけません。

理想的な状態は、自然とできるという気持ちが浮かび上がらなければいけません。
そもそも、できる事というのは、そこまで意識する事も無く、気がついたらできていたーという事が多いので、無理にどうこう思考を巡らす必要はないじゃないかなーとも、最近おもう。

続きを読む 空飛ぶ夢想家の心のバイブル

結ぼれ る思考。心のバイブル

criticism-2Hi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

前回からの続き『心のバイブルについて、話しますよ…と。』

おいらは自分の罠にはまる事がありまして、思考が内向的と言いますか、考えが内へ内へと向かっていって外に出れなくなってしまうんですね。外に出れないというのは、自分の気持ちを外に出せなくなってしまうという意味なんですが、結構これが難しい。

今となっては”相手の思う自分の気持ちと、自分の思う自分の気持ち。相手の思う相手の気持ちと、自分の思う相手の気持ち”の差異が一致しないものだと、わりかし納得できるようになってきましたが、たまにこの差異が”存在しない勘違い”に見舞われて被害妄想となってしまう事も多々あります。

こういった現象をおいらは結ぼれるとよんでいますが、罠にはまると恐ろしいものでして、蟻地獄のように陥ると出て来れない状態になります。

そういった状況になっているというのは、自分では自覚しているものでして、外には出さないようにした結果が結ぼれでして、黙り込んでいたらもうアウト、救いようの無い状態にまで達しているなと、察して頂けるとありがたいです。
但し、この状態に陥ると察して頂いたとしても思考が結ぼれているので、どうにもならないとご理解ください。

しかしまぁ、それはもう今は昔、ある”本”との出会いが僕の思考を外向きにさせてくれたおかげで、”結ぼれ”から救われたのでした。

 

重たい話ではありません。中二病を拗らせた愚か者(笑)の話です。

続きを読む 結ぼれ る思考。心のバイブル

心のバイブルについて、話しますよ…と。

criticism-1Hi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

おいらには”言論の友”というのがいまして、これまた勝手に相手の了承も得ずにそう呼んでいるだけなのですが、好きな事を語り合い、お互いの思いの丈をぶつけあえる仲であるその友を、おいらが一方的に呼んでいるんですね。

まぁ所謂”おしゃべりともだち”なんですが、その友達が、心のバイブルと言わないまでも、常に持ち歩き、何度も読み返している本があるというので見せて頂いたんですね。

それが結構年季が入ったものでして、そんなに古い訳ではないのですが表紙がぼろぼろになるまで読んでいて、僕が作者だったらこんなになるまで何度も読み返された事を思うと嬉しくおもうだろうなぁといった感じだったんですよ。

IMG_6977IMG_6976IMG_6975

続きを読む 心のバイブルについて、話しますよ…と。

今後のブログ更新に関する告知ですよ…と。

Hi! ハローハロー!!
Peerthで”いちばんめだつひと”たーくんです!

 

先日、専門学校の先輩とお会いすることがありまして、今されているお仕事の話とか聞く機会があったんですね。
彼は、今はアイドルの番組を手がけておりまして、番組のディレクションだけではなく、プロデュース業も営んでいるのです。

そんな彼にアイドル番組の面白さはなんですか?と尋ねた所、出演しているアイドルにちょっとしたきっかけを与えることで成長したり面白いことになったり、予想外の出来事が起きたりするのが面白いのだそうです。そういったきっかけを与えることで、いわばプロデュースをしているそうなのです。

そこで、今度はおいらのディレクションというか、プロデュースするとどんな感じですかね?と尋ねると。

「多くを語らせたい」と言われたんすね。耳を傾けてくれる人が居るというのは嬉しいですね。

日曜日のお昼、阪急三宮駅下のサンマルクカフェでのお話。
全くもって、おいらの話はしなかったけど(笑)

続きを読む 今後のブログ更新に関する告知ですよ…と。

人を救うという事をちと考えてみた結果、救われない人は救える所にいないから救えない事に気付いた。

Hi! ハローハロー!!
永遠に”厨二病”を拗らせてしまっとるたーくんです!

よく考える事で、なんとかしてやれないかなぁ?とか、
こうすればもっと良くるのになぁ、という人を結構身近で見かけるのですが、
なんとかしてあげれた試しが無いです。

それでも、側にいるだけでなんとか救ってあげれるチャンスはある訳で、そういう子はまだ比較的幸運だと思います。

なぜならば、人と触れ合う事で自分の考えや行動に無自覚のうちに影響を与っているだろうと思えるからです。

ボクの周りには世の中に絶望して文句たれている子や、
この世から早く抜け出したいと思っている人が結構いて、
そういう人はやっぱりまだマシなんかなって思うわけっすよ。聞いてくれる人がいるから。

でもそうじゃない人はどうしているのか?
ボクは知らない。そりゃそうでしょうよ、ボクが知っていたらその時点でその人は、
助けが無い人では、無くなってしまうのだから。

 

この続きの記事はボクの日頃の思いや思想である”自由意志なんてほんとは存在しないんじゃないか?”っていう考えにはそぐわないかもしれないけれども、少しでも希望を持ちたいので書く事にする。

続きを読む 人を救うという事をちと考えてみた結果、救われない人は救える所にいないから救えない事に気付いた。